toggle
あなたに寄り添い無限大の可能性を開く
2017-10-30

自分が使っている言葉に注目しよう

Pocket

藤中秀樹です。

脳は単純です。

自分がした質問の答えを探そうとします。

マイナスな質問をすれば、マイナスな答えを見つけて
きます。

プラスの質問をすれば、プラスの答えを見つけきます。

ですから、いつも自分にプラスの質問をする習慣を
つけましょう。

そして、
いつも自分の発する言葉にも注意をしてみましょう。

一度あなたが話しているとき、ボイスレコーダーで録音
してみるといいかもしれませんね。

現実を変えるためには、まずは自分で気づくことが最初の
ステップです。

ある受講生の気づき

私のメンタルブレークスルーに参加したある受講生は、
あるとき私との個人セッション時にICレコーダーを
持参し、

「あとで録音を聴いて、自分がどれだけネガティブな言葉を
発しているのかわかって具合が悪くなった」と言って
いました。

私が、その受講生に初めて会ったとき、その方は人生で
困難な時期にいたので、そのような言葉が多く出てきたのだ
とは思いますが、私は内心、

「普段、そんなにネガティブな言葉をたくさん使っている
からそのような現実が起きるのに。そのことに気づいて
くれればいいな」と思っていました。

その受講生のように、
本気で自分を変えたいと思っている人は、気づきも早いです。

使う言葉が変われば行動が変わり、現実も変わる

あなたは、いつもどんな言葉で話していますか?

もしかしたら、自分で気づかないうちにびっくりするくらいに
マイナスな言葉で話しているかもしれませんね。

「でも」

「だって」

「XXXではない」

など、

「あなたの可能性」を「あなた自身」で「否定する言葉」
をたくさん
発していませんか??

もしそうだとしたら、今から少しずつプラスの言葉で話す
習慣をつけましょう。プラスの言葉でマイナスの言葉を
埋めつくすのです。まるで、オセロの黒をすべて白に
変えるかのように。。

言葉を変えれば、行動が変わる、そして現実が変わる
これが成功法則のひとつです。

 

 

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA