toggle
あなたに寄り添い無限大の可能性を開く
2017-12-22

頭でわかっているのと実際に体験するのは全然違う

Pocket

藤中秀樹です。

私のMBTの講座では、6か月の講座の後半で
「今まで体験したことのないことを次の講座までに
体験して次回の講座で発表する」という課題を出します。

以前、受講生のひとりが
「初めてダイビングを体験した」ことを発表したのですが、
そのときの感想が面白かったです。
(本人の許可を得て書いています)

その受講生はいつかダイビングをやってみたいと思って
いたそうです。しかし、今まで海でもプールでも
足がつくところでしか泳いだことがなかったそうです。

で、実際沖縄の海で体験ダイビングに挑戦した時
考えてみたら当たり前のことなのに

◎足がつかない

◎足の下に魚がたくさん泳いでいる

ということに恐怖を感じ、海まで行ったはいいけど
どうしようかと迷ったそうです。

最終的に、その受講生はダイビング体験したのですけどね!

どんな結果になっても人生経験が
豊富なほうがいい

これはあくまで一つの例ですが、
ダイビングとは海の中を潜るわけで、当然足がつく場所
より深いところまで行くわけです。

頭ではわかっていたのに、体験するとなって
初めて、そうだったのか!と体感するということが
本当にたくさんありますね!!

私は、「何かを体験する」ということは、本を一冊
読んで終わりというよりも、はるかに価値があると
考えています。

たとえ、それがどんな結果になってもです。

本で読んだこと、誰かから聞いた話などは多くの場合
ほとんど記憶に残らない物です。

しかし、
自ら選んで行動したことは、ずっと記憶となり
その人の宝になると思います。

そして、多くの体験をした人は、それだけ人としての
器も大きくなり、知恵も多くなると思います。

せっかく、生まれてきたのだから、いろんな経験をして
最後まで生きたいものですね。

 

◎関連記事:あなたはすでに成功している

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA