toggle
あなたに寄り添い無限大の可能性を開く
2017-12-02

人間は不完全だからこそ魅力がある

Pocket

藤中秀樹です。

この世に完璧な人なんていません。

もし、そうであれば人間としてこの世に生まれて
いないでしょう。

「人間として、何か学ぶ必要があるためにこの世に
生をうけた。。」

私はそのように考えています。

ですから、私にも欠点はあります。

もうちょっと、こういう部分を改善したいなあ
と思う時があります。

しかし、だからこそ日々の学びがあると思っています。
だからこそ、人間として生まれてきたというか。

そう思っています。

私のところに相談に来る方は、年齢、職業、ライフスタイル、
本当に様々です。

私に普段、誰にも言えないような本音を話しているうちに、
怒りや悲しみがこみあげてきて、思わず涙を流される方も
いらっしゃいます。

でも、そんなとき、

「自分はもうダメなんじゃないか?」

「こんな自分は無価値なんじゃないか?」

「こんな弱い部分があってはいけないんじゃないか?」

「人前で泣くなんて、なんてかっこ悪いんだろう?」

なんて一切思わなくいいのです。

むしろ、私はそういう場面に出会ったとき、私に心を
開いて相談してくれているのをうれしく感じますし、
なんとか力になりたいと本気で考えます。

そして、

「今より人生を良くしたい」

「今よりもっと良くなりたい」

と、もがきながら前進しようとしている方を見ていると、
ヘンな表現かもしれませんが、私はとても愛おしく
感じるのです。

非の打ちどころのない人はつまらない

非の打ちどころのない人なんてつまらないです。

悲しいときには泣いていい

悔しいときには、悔しいと言っていい

怒りを感じたときには、怒っていい

誰かに嫉妬したりすることもあってもいい

人間ですから、そんなときもありますよ。

一生懸命やっているのに思うように物事が進まない
時もあるでしょう。

ちょっと前進したと思ったら、また元の位置に逆戻り
したような感覚を持つこともあるでしょう。

でも、私は常にこう思います。

「人は、不完全だからこそ愛おしい。。」

 

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA