toggle
あなたに寄り添い無限大の可能性を開く
2017-08-19

藤中秀樹物語①

Pocket

藤中秀樹です。

これから、3回にわたって私のことについて
少し書こうと思います。

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

私は、大学を卒業した後しばらくサラリーマンを
していたのですが、 母がガンで亡くなったことを
きっかけに、医療の道を志すことになりました。

自分も長いこと病気に悩まされていたこともあって、
本当によい病院って何だろう?って、いつも考えて
いたんですよね。

まずは、自分が現場に入ってみようと思って。

それで、当時勤めていた会社を辞めて、看護師になりました。

いくつかの医療機関で働いてわかったことは、 認知症の患者さんが、
手厚い看護介護を受けていないことに気づきました。

一人の人間として、尊重されていないように感じられた
んです。

医療の現場で、一番手の届かない、難しいとされている部分を
変えたい。 そこに関わる全ての人が満足できて幸せを感じられ
るような病院を、自分で作りたい。 そう思いました。

私の考えに共感してくれる仲間やドクターに声をかけ、
必死に何億ものお金を集めて病院を立ち上げました。

藤中秀樹物語②へ続く。

 

関連記事